【1歳4月入園保活】行かせたくないと思った保育園ーその1ー

1歳4月入園を目指し、保活をしていた麦の芽酔う子です。こんにちは。

私の住んでいるところは子育て世帯が増えており、かなりの保活激戦区です。役所にも聞きに行きましたが、1歳4月入園は相当厳しいとのことでした。しかし会社に復帰しなければならないため、1歳4月でどこかには預けないといけません。

ということで、まだ歩けないのに好奇心旺盛だし、自分で移動したがる息子を連れて歩くのは本当に大変でしたが、認可外もたくさん見学に行きました。

そのうちの一つをご紹介です。見学に行く前は、願書だけ出そうかなと思っていましたが、見学に行き完全に候補から消しました。
どんな保育園かというと、幼児教育にものすごく力を入れている保育園でした。教育レベルがかなり高く、ここを第一志望に見学に来ている方が多いようで、もちろん枠は一杯で大人気でした。

まず見学にいった私を出迎えてくれたのは、3歳児さんの朗読!しかも谷川俊太郎!意味が分かっているのかいないのか、感情をこめて読む子供たち。。。すごいと思いつつ、

「谷川俊太郎は大きくなってからでいいよ!意味がわかるようになってから考えながら読もうよ!」という心の声を止められませんでした。

次のお出迎えは0歳から4歳さんまでが勢ぞろいした教室です。年齢が上の子が難しい果物の漢字を次々と当てるところを、なんと!0歳児さんまでが座ってじっと見ています。

0歳児さんなんて、一番好奇心旺盛な時じゃないの?あっちへ行ったりこっちへ行ったりして、なんでも触りたいし舐めたいし・・・

それを座らせておけることはすごいことなのか?逆に悪いことなのでは?

と私は思いましたが、そこの考え方は人それぞれですし、座らせておけるのは実際すごいです。

悶々としながら案内された次の部屋では、全員気を付けして並んでいました。さらには子供たち同士に悪いところを指摘し合わせており、

「せんせい、〇〇君がはみ出しています!」

・・・な~んて言いつけている2歳さん?3歳さん?を見てまたしてもモヤモヤが抑えられなくなりました。

個人的には、もっとのびのびと明るく優しく育ってほしい。0歳さんで座ってられなくても、2歳3歳で谷川俊太郎を読めなくても、その年代は周りのことをまず知って、あれやりたいこれやりたいを自由にやらせてあげたい!

っと思った私は願書を提出せずその保育園を後にしたのでした。

見学の間中ドタバタしていた息子には絶対に向いていないというか、無理でした。

いろいろ批判めいて見えるように書いてしまいましたが、教育レベルは本当に高く、小さいうちからしっかり躾をしたいと思っておられる方にはとても素晴らしい環境なんだと思います。実際大人気の保育園なので。

保育園のホームページを見ただけではやっぱりわからなかったので、見学に行って本当によかったです。

a8

よろしければフォロー・ブックマークをお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児絵日記ランキング